Tマネーのメリット、デメリットまとめ

Tカードで使える電子マネー(Tマネー)のメリットやデメリットを解説したいと思います。

メリット、デメリット

それではいってみよう

Tマネーのデメリット

まず、Tマネーのデメリットから紹介したいと思います。

  • Tマネーを利用するのに手間がかかる場合がある

Tマネーを利用するのに手間がかかる場合がある

電子マネーのTマネーを利用するにはTカードが必要です。Tカードを持っていない方は発行する必要があります。

TSUTAYAの会員証やTマークが付いているカードは全てTカードです。なのでそのままTマネーを使う事ができる場合もあります。

Tマーク

Tマーク

ですが、TカードでもTマネーを使う事ができないTカードがあります。以下の条件に当てはまるTカードの場合Tマネーを利用はできません。

  • 2014年6月1日以降に発行されている
  • 裏面にTマネーに関する記載がない

このようなTカードしか持っていない方は新しいTカードを発行しないとTマネーは利用できません。

また、Tカードは発行する店舗によりTマネーが使えないTカードしか発行できなくなっています。

Tマネーが利用不可能なTカードを発行している店舗一覧

これもTマネーの利用の敷居を高くしている原因です。ぜひ改善してもらいたいですね。

Tマネーのメリット

次はTマネーのメリットを紹介していきます。

  1. Tマネーのお買物でポイントが貯まる
  2. TマネーをチャージでTポイントがもらえる

1.Tマネーのお買物でポイントが貯まる

Tマネーでお買物で500円(税込)に付き1ポイントもらえます。

通常ポイントに+してもらえるので現金でお買物するより少しお得です。

Tポイントは翌月の1日頃に付与されます。

2.TマネーをチャージでTポイントがもらえる

TSUTAYAでは土曜日に「チャージの日」というキャンペーンをやっています。

チャージの日にTマネーをチャージするとTポイントが5ポイントもらえます。

チャージする金額は1,000円から可能、1日に1回のみTポイントをもらう事ができます。

わずかではありますが、現金で払うとこのようなポイント還元は0なので少しでも節約したい方には良いかもしれません。

期限は2018年3月31日の土曜日まで+非対応の店舗があるので注意しましょう。

まとめ

総合的に考えるとTマネーはあまりお得な電子マネーではないのでオススメできません。

ファミリーマートやTSUTAYAの超ヘビーユーザー等ではない限りメリットは少ないと思います。

電子マネーを利用したい方は他の電子マネーの利用をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加